2016年01月28日

保護犬と里親

新年会と、今日のドッグラン♪の記事の前に、
書き留めておきたい事があります。

16012801.jpg

2014年6月29日  九十九里にて。

6月21日にレスキューしたアナは、母犬と姉妹犬の3頭で
屋外の犬舎で飼われていました。
アナの生活環境について言いたいことは山ほどあるし、
全く理解できない事だらけだったけど…
アビー母さんがツイッターで見つけてくれたことで助かった
ふたつの小さな命。

どうせ保健所に出すんだからと、ワクチン接種も何もしてもらえず…
アビー母さんが交渉してくれて、とりあえず、1回目のワクチン後、
姉妹のメロディちゃんと共に引き取ってきました。

びびりで、へにょへにょの体のアナは、柔らかくて頼りなげで、
可哀想だけど可愛くて…

正真正銘の黄ラブの父母と言うものの、本物か?疑惑は否めず… 笑

偽物でも、まがい物でもアナが良くて家族にした私達。

そんなアナの1年7ヶ月後…

16012802.jpg

同じ九十九里で、筋肉盛り子のアナがガンガン遊ぶ姿は、
とーっても頼もしく、沢山のお友達ワンコと遊んでもらって、
ご理解のあるワンコ飼いの方々に、良い経験をさせて頂いて、
今、楽しい時間を過ごす事ができています。

まだまだ、人に対して吠えてしまうという欠点がありますが、
頑張って直していきたいと思っています。

保護犬って… いろいろあります。
アナのように、生後3ヶ月という短い時間でも、トラウマはあり、
なかなか治らないなぁ〜って思う事もしばしば。

お預かりしたグラン、コロネ、バーグ、優真チャンプ達も、
それぞれに性格も人や犬に対する接し方も違いました。
現在は、亡くなってしまったグラン以外は、みんな幸せに暮らしているので、
本当に良かったな〜と思います。

何故、急に保護犬の話なの? と思われるかもしれませんが…

今日の木曜日恒例のランに…

16012803.jpg

ウォッカ君登場!!
( この笑顔… 目元がママにそっくり。 )

ウォッカ君も、今月、里親さんの元に来た子なんです。

7歳の未去勢の何も知らないワイマラナー男子を迎えるって、
結構、覚悟のいることだと思うのですが…

2回目のドッグランという事でしたが、全く問題なく、
とーっても良い子でした。

7歳までの生活や習慣が身についているから、これからが
大変かも知れませんが、幸せをゲットしたウォッカ君には
ママと頑張ってほしいと思います。

保護犬を迎えるって、本当に難しいと思います。
性格の問題や病気を持っているかもしれません。
でも、少しでも多くの保護犬が優しいご家族と巡り合えますように…

殺処分される犬猫たちがいなくなりますように。


ニックネーム アニトレの母 at 23:57| Comment(2) | 大切な事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする